用意するもの:

木工用ボンド、15cm定規、ボールペン、カッターまたはハサミとマチ針、

ピンセット、両面テープ、セロテープ

●折り曲げ記号について

 ▲:山折り(裏面に筋押し)

 △山折り(筋押し不要)

V:谷折り

 

●【つくりかた】

@  車体を切り抜く前に、黒い三角「▲」の先端にマチ針やカッターの先などで

裏側まで目印の穴をつけ、穴どうしをボールペンの先で筋押しすると、

折り曲げる時にキレイに曲がります。(1)

筋押し説明図j

A  車体を切り抜きます。天井のスイッチ穴も、くり抜きます。

B  ボールペンの折り筋に定規を当てながら車体を折り曲げます。

机や工作板のへりを活用して下さい。

癖つけ裏面S

写真1 くり抜きと折り曲げ済の車体

 

C  運転台側面はグレーの三角「△」から、タテの折り目に沿って

のりしろ部分を全部折り曲げます。(写真2

折り曲げ前面S写真2

D折り目がついたらのりしろにボンドをつけ、箱型に組みます。

Eノリを乾かす間にエアコン、パンタグラフを作ります。(写真3,4)

 パンタグラフは6角形です。集電部の左右は下へ折り曲げます。

パンタ組立S      エアコン組立S

写真3 パンタグラフ 写真4 エアコン

 

F屋根にエアコンとパンタグラフを貼り付け。方向は印刷に揃えます。

 パンタグラフはバネを描いた四角の部分に貼り付けます。

G天井スペーサを車体幅の向きに、前端およびスイッチ穴の中央寄りに貼ります。

スイッチ穴を塞がないよう注意。(写真5

天井スペーサ取付S2写真5

 

Hダイソー電車の車体を外します。外し方は電車の説明書を参照。 (写真6)

車体分解S写真6

 

I「スイッチ延長板」は両面テープを貼り、スイッチに巻きます。

付けた後に前方に少し曲げて、先端の角を切って丸めておくと

車体の取りつけ時に楽です。(図2

スイッチ巻き方2

J「連結器スペーサ」は前方の連結器の下に押し込みます。

連結器が垂れ下がり、線路の継ぎ目に引っかかって電車が止まるのを防ぎます。(写真7

連結バネ押込S写真7

 

Kダイソー電車に電池を入れ、車体を戻します。(写真8

スイッチを中立にし、車体をはめ込みます。車輪が動くため、やりにくいので注意。

スイッチ押込中S写真8

 

L完成した車体を前からかぶせます。後ろ側は後から入れて、スイッチを飛び出させます。(写真9

総組立S写真9

 

M側面の腹帯を、ダイソー電車の床下にセロテープで止めます。

車輪が紙製のボディにぶつからない様に注意して下さい。(写真10

これで完成です。

床テープ固定S写真10

 

7000ET完成写真 完成した7000系イージータイプ